年末年始は 10:0019:00 お休みです

そのオーディオ、買い取らせてください

古い、汚れてる、部分的に壊れてる・・・どんなオーディオも一度ご相談ください!
どんなオーディオでも買取対象になるのは、販路が豊富だから。リサイクルショップでの販売に加えて、インターネット販売や専門業者への販売など、様々な販路を確保しています。
アナタが価値を感じるなら、共感してくれるユーザーを探すのがEZO AUDIOの役目。
まずはお気軽にお問い合わせください!

売れるか分からない?そんなお悩みは無用です!

売れるか分からない?
そんなお悩みは無用です!

                                   レコード

思い出の詰まった
レコードも

                                   デッキ

使い込んだ
デッキも

                                   ツインデッキ

大切にしてきた
ツインデッキも

  • スタッフブログ

【オーディオの楽しみ方】国別の個性

こんにちは。エゾオーディオの中の人です。

お気づきの方はいらっしゃるかと思いますが、中の人はごりごりのクラシックマニアですw

特にピアノに関しては中級以上のマニアっぷりだと自負しております。(実際に自分のレベルを図ることは難しいのですが、某雑誌の音楽担当者との会話が成立して驚かれたことがあるくらいなので、そこそこのレベルかと思っております。)

ピアノの特色

現在のピアノはグローバリゼーション化に伴い、国際的な観点から特色が出にくくなってきています。
しかし20世紀初頭から中期には、国別でピアニストの奏法に個性がありました。

学派(大分類ではフランス、ロシア、ドイツ学派)と呼ばれるような分類ができた時代で、現在ではかなり縮小されてきておりますが、往時では各国でピアノメーカーが乱立された時代でもありました。

先ほど例に挙げた学派で分類した国々には、代表的なメーカーが存在していたことがあります。(現存するモデルもございます)

大演奏家達がヨーロッパを席巻していた19世紀〜20世紀では、演奏家が与えた影響はとても多く、例えばフランス圏の奏者がロシアで教育を行った際にはその影響が顕著に現れたりと、学派間の交流が盛んでした。

演奏家はもちろんですが、作曲家でもその影響を感じ取れることが可能だったりします。

この国別の奏法をオーディオで聴き分けることがとても楽しくて、オーディオをアップデートする度に発見できることが1つの醍醐味です。

オーディオの楽しみ

オーディオあるあるだと思いますが、機器を購入した後に良く接していた音源がまるで変わるのは実に楽しいですよねw 以前全く関心がなかったものが凄く良く聞こえることがあったりと、機器を変えて効能を探るのもオーディオの楽しみでしょうか。

オーディオが持つ国別の個性は、音楽を通じて培われた歴史が織りなすものなのかもしれませんね。

札幌でオーディオを売るならEZOAUDIO!

エゾオーディオでは、クラシックはレコード・CD共に積極的に買い取りしております。
買い替えやお探しのモデルがある際には、ぜひ一度ご相談ください♪

そしてピアノマニアの方のご来店をお待ちしております!

ただいま店頭買取強化中!ご来店はこちらまで♪

お問い合わせはお電話、またはLINEからお気軽に!

▼お電話でのお問い合わせ今すぐ電話する

▼LINEでのお問い合わせ詳しくはこちらから

エゾオーディオの商品は自社運営のコレクトワンが出品しております。

   ▶︎EZO AUDIO商品一覧(コレクトワン 音楽ソフト・音楽関連グッズ・オーディオ専門ブース)

< 一覧に戻る >