年末年始は 10:0019:00 お休みです

そのオーディオ、買い取らせてください

古い、汚れてる、部分的に壊れてる・・・どんなオーディオも一度ご相談ください!
どんなオーディオでも買取対象になるのは、販路が豊富だから。リサイクルショップでの販売に加えて、インターネット販売や専門業者への販売など、様々な販路を確保しています。
アナタが価値を感じるなら、共感してくれるユーザーを探すのがEZO AUDIOの役目。
まずはお気軽にお問い合わせください!

売れるか分からない?そんなお悩みは無用です!

売れるか分からない?
そんなお悩みは無用です!

                                   レコード

思い出の詰まった
レコードも

                                   デッキ

使い込んだ
デッキも

                                   ツインデッキ

大切にしてきた
ツインデッキも

  • スタッフブログ

【基礎知識】レコードとCDの違い

みなさんは音楽を聴くとき、レコード派ですか?CD派でしょうか?
どちらにもそれぞれの良さがあり、優劣をつけるものではないですよね。
今回はレコードの基礎知識を1つご紹介いたします。

レコードの音が鳴る仕組み

ご存知の通り、”音”は振動です。
レコードは、その”音の振動”が音溝(おんこう)という部分に刻まれており、そこにレコードプレーヤーの針が触れ、振動が起こることによって音が流れます。

レコードは音溝に記録された振動を拾います

この振動がカートリッジからアンプへ伝わり、スピーカーで音を増幅させることでお部屋に音楽を流しています。

CDとの違い

CDとレコードの違いはデジタルかアナログかという部分です。
レコードはアナログ音源、CDはデジタル音源と呼ばれます。
CDはアナログ音源をデジタルに変換して保存したもの。
つまり、記録の方式が違うということですね。

また、一般的な音楽CDでは、人間の音が聴こえる範囲の周波数だけを取り出して、その範囲外の音をカットしています。
一方でレコードはカットしている音がないため、CD以上に音の情報量があることも。
オーディオファンの間でよく聞く、「レコードは音がいい」というのはこれも理由の1つです。

取り扱いの難易度にも違いが!

レコードは盤そのものが”音”の元データ
そのため、盤の状態やカートリッジ・アンプ・スピーカーなどの環境によって音が変わっていくため、扱いが難しいです。
CDは取り扱いもレコードより容易で、クリアに音を聴くことができますよね。
どちらにもそれぞれの良さや難しさがあるため、優劣がつけがたいのがこの2つ。
ご自宅の環境や、音楽を聴くシーンに合わせてそれぞれを楽しむことが1番かもしれません。

オーディオ機器の買取販売はEZOAUDIOへ!

当店では中古オーディオ機器の買取販売を行っております。
しまいこんでしまったオーディオ機器や、構築環境に合わなかったアクセサリなどは、EZOAUDIOで査定してみませんか?
大量のオーディオや大型オーディオは無料の出張査定がおすすめです。

一番心地いい音を突き詰める中でオーディオ専門買取を利用される際はぜひEZOAUDIOまで!


ただいま店頭買取強化中!ご来店はこちらまで♪

お問い合わせはお電話、またはLINEからお気軽に!

▼お電話でのお問い合わせ今すぐ電話する

▼LINEでのお問い合わせ詳しくはこちらから

エゾオーディオの商品は自社運営のリサイクルショップコレクトワンが販売しております。

   ▶︎EZO AUDIO商品一覧(コレクトワン 音楽ソフト・音楽関連グッズ・オーディオ専門ブース)

< 一覧に戻る >