年末年始は 10:0019:00 お休みです

そのオーディオ、買い取らせてください

古い、汚れてる、部分的に壊れてる・・・どんなオーディオも一度ご相談ください!
どんなオーディオでも買取対象になるのは、販路が豊富だから。リサイクルショップでの販売に加えて、インターネット販売や専門業者への販売など、様々な販路を確保しています。
アナタが価値を感じるなら、共感してくれるユーザーを探すのがEZO AUDIOの役目。
まずはお気軽にお問い合わせください!

売れるか分からない?そんなお悩みは無用です!

売れるか分からない?
そんなお悩みは無用です!

                                   レコード

思い出の詰まった
レコードも

                                   デッキ

使い込んだ
デッキも

                                   ツインデッキ

大切にしてきた
ツインデッキも

  • スタッフブログ

真空管アンプのメリットとデメリット

まろやかな音が魅力の真空管アンプ。
オーディオ好きの世界では、自作の真空管アンプを作る方もいるほど、その魅力は深いものです。
はっきりとしたデジタルの音ではなく、あたたかく心地の良い音と言われることも多いのが真空管アンプの音。
真空管アンプだけではありませんが、音の感じ方は人それぞれですので、まずは体験してみることがおすすめです。

そもそも真空管って?

若い世代になると真空管を見たことがない方も大勢いることでしょう。
それもそのはず。半導体の技術が発展してからは、目にする機会がぐっと減っています。

そもそも真空管って?

真空の管の中に電極とヒーターが入っており、電極を高温にして放出した電子を電界や磁界によって増幅・整流・変調させていく…という仕組みで、半導体が主流になるまでは通信機器などに使われていました。
これをアンプとして繋ぐことで、プレイヤーから出る小さな電気信号を増幅させることができます。

真空管アンプのメリット

真空管アンプを使う1番のメリットは音にあります。
「真空管の音が好き」と言っても、音質は様々。

自分好みの音を奏でるメーカーはもちろんのこと、突き詰めていくと製造された年代によっても音が変わるので、こだわりが尽きることがありません。
その探求を楽しめることが1番のメリットでしょう。

真空管アンプのメリット

また、見た目が好きという方もいらっしゃいます。
「まさに今そこで音が増幅している」ということが目に見えてわかり、メカニックなビジュアルが好きな方にはたまりません。
電極を高温にする際のあたたかな明かりには癒し効果もありそうです。

真空管アンプのデメリット

他のオーディオ同様ですが、しっかりとしたメンテナンスや手入れが必要です。
一般的な真空管アンプの寿命は5,000時間程度。
1日3時間使用した場合は、約4.5年です。
オーディオを使用する環境によるブレや、製造時の個体差もありますので、3年で寿命が来る場合もあれば、10年使える場合もあります。

一般的な家電と違うこの製品寿命の捉え方によっては、真空管アンプの寿命はデメリットかもしれません。
また、ヒーターを使用した製品のため高温になることも注意が必要です。

さらなる音を求めた買い替えの際はEZOAUDIOへ!

真空管アンプの買い替えの際は、古いオーディオをEZOAUDIOで査定してみませんか?
古いものでもご自身でメンテナンスすると使える場合もあるのがオーディオの面白いところ。
つまり、一般的な家電などに比べると製造年数が経過していても買い取れる場合が多いんです。
ご家庭のオーディオ機器を売却するなら、EZOAUDIOまでご連絡ください!


ただいま店頭買取強化中!ご来店はこちらまで♪

お問い合わせはお電話、またはLINEからお気軽に!

▼お電話でのお問い合わせ今すぐ電話する

▼LINEでのお問い合わせ詳しくはこちらから

エゾオーディオの商品は自社運営のリサイクルショップコレクトワンが販売しております。

   ▶︎EZO AUDIO商品一覧(コレクトワン 音楽ソフト・音楽関連グッズ・オーディオ専門ブース)

< 一覧に戻る >