年末年始は 10:0018:00 お休みです

そのオーディオ、買い取らせてください

古い、汚れてる、部分的に壊れてる・・・どんなオーディオも一度ご相談ください!
どんなオーディオでも買取対象になるのは、販路が豊富だから。リサイクルショップでの販売に加えて、インターネット販売や専門業者への販売など、様々な販路を確保しています。
アナタが価値を感じるなら、共感してくれるユーザーを探すのがEZO AUDIOの役目。
まずはお気軽にお問い合わせください!

売れるか分からない?そんなお悩みは無用です!

売れるか分からない?
そんなお悩みは無用です!

                                   レコード

思い出の詰まった
レコードも

                                   デッキ

使い込んだ
デッキも

                                   ツインデッキ

大切にしてきた
ツインデッキも

  • スタッフブログ

【オーディオ知識】D/Aコンバーターって何?

みなさんはD/Aコンバーターをご存知ですか?
名前に聞き覚えがない方でも、絶対にどこかで触れているものなんです。
今回はD/Aコンバーターについて詳しくご説明させていただきます。

D/Aコンバーター(DAC)とは

コンバーター

D/Aコンバーター(以下、DAC)とは、デジタル信号(デジタルデータ)をアナログ信号に変換する電子装置のことを言います。
DACはデジタルオーディオプレーヤーだけではなく、テレビ、携帯電話などの多くの電子機器に広く利用されています。

例えば、音声の記録・再生ではマイクや再生を行うスピーカーは基本的にアナログ信号になります。
一方で、再生の媒体として利用するCDなどはデジタル信号です。
そのため、録音時にはアナログ(マイク)からデジタル(CD)へ、再生時にはデジタル(CD)からアナログ(スピーカー)への変換が必要になります。

DACは再生時と同様のデジタルからアナログへの変換の際に利用されます。

D/Aコンバーターの原理

コンバーターの原理

DACは2進法で表されたデジタル信号を入力として受け取り、それに対応するアナログ信号に変換します。
以下はその基本的なステップです。

①デジタル入力:2進法(例:1101)のデジタル信号がDACに入力される
②デコード:入力されたデジタル信号が特定の電圧に変換されるために細分化されて、解釈(デコード)される
③アナログ出力:解釈されたデジタル信号に対応するアナログ電圧を生成する。
④アナログ変換:細分化されたデジタル信号ごとに生成されたアナログ電圧を合成し、アナログ信号へ変換する

D/Aコンバーターの種類

数種類のコンバーター

DACは主にその構造と変換方法によって分類されます。
いくつかの一般的なタイプは以下の通りです。

①バイナリ加重型DAC

データの各部分が異なる重要度を持っており、その重要度に応じて電気の流れにくさ(抵抗)を調整します。
データの一部が重要であるほど、電気が流れにくい抵抗を使用し、その結果として異なる強さの電流が生成されます。
これにより、デジタルデータがそれぞれの重要度に基づいた正確なアナログ信号に変換されるのです。この方式は、デジタルからアナログへの変換において、精度の高い出力が求められる場合に特に有効です。

②R-2RラダーネットワークDAC

R-2RラダーネットワークDACは、デジタルからアナログへの信号変換を行う装置です。
このDACは非常に単純で精度が高く、主に二つの異なる抵抗値を使用しています。
このシステムは、異なる電気の抵抗値を交互に並べることで構成されており、「ラダー(はしご)」と呼ばれる形状をしています。
この設計により、R-2RラダーネットワークDACはデジタルデータを正確なアナログ信号に変換することができ、音声やビデオ信号の再生に広く利用されています。
また、そのシンプルな構造から、多くの電子機器に簡単に組み込むことが可能で、高い拡張性を持っています。

③ΣΔ(シグマデルタ)DAC

シグマデルタ(ΣΔ)DACは、高品質な音を再生するために使われる装置です。
この装置は、デジタル形式の音楽データ(コンピュータが理解できる言語)をアナログ形式(人間の耳が聞くことができる音)に変換します。
具体的には、非常に高速でデータのオンとオフを切り替えることで動作し、これを特殊なフィルターに通すことで、滑らかでクリアな音の電流に変えます。
このプロセスにより、デジタル音源をスピーカーやヘッドフォンを通じて私たちが楽しめる自然な音に変換することができるます。
シグマデルタDACは、その高い変換精度と音質の良さから、特にオーディオ愛好家やプロの音響設備で好んで使用されます。

【応用分野】D/Aコンバーターの使われ方

少し応用編

DACについてと、その原理についてご説明したところで、実際にDACがどのような分野で使用されているのかをいくつかご紹介します。

①オーディオ機器:オーディオデバイスでは、デジタルオーディオファイルをアナログサウンドに変換するために使用される。

②ビデオ機器:デジタルビデオをアナログ信号へ変換し、テレビやモニターで表示可能にする。

③通信システム:デジタル通信装置で送信データをアナログ信号に変換するために使用される

DACはその性能により、解像度やサンプリングプレート、SNR(Signal to Noise Ratio)などの指標で評価されます。
これらの性能・数値が高いほどより高品質なアナログ信号が生成されます。

D/Aコンバーターの買取もエゾオーディオにおまかせください

今回はDACについてご紹介しました。
DACがどのような役割を果たすパーツなのか、少しはわかりましたでしょうか。

エゾオーディオではDACのような、オーディオ本体ではないもののお買取も行っております。
DACは性能が向上するほど、クリアな高音質の音を楽しむことができます。
新しいDACに買い替える際に今まで使っていたDACを買取に出してみるのはいかがでしょう!

お客様の要望に可能な限り寄り添ってお手伝いいたします。
まずは相談からでも大丈夫!お気軽にお問い合わせください。


ただいま店頭買取強化中!ご来店はこちらまで♪

お問い合わせはお電話、またはLINEからお気軽に!

▼お電話でのお問い合わせ今すぐ電話する

▼LINEでのお問い合わせ詳しくはこちらから

エゾオーディオの商品は自社運営のリサイクルショップコレクトワンが販売しております。

   ▶︎EZO AUDIO商品一覧(コレクトワン 音楽ソフト・音楽関連グッズ・オーディオ専門ブース)

< 一覧に戻る >